みどころから探す、金沢巡り。 兼六園~小立野~湯涌 編

夢二をとりまく三人の女性との関わりを中心に展示

夢二の作品や遺品の展示に留まらず、夢二の内面的な世界を「旅・女性・キリスト教」というキーワードから伝え、特に女性に関しては「たまき・彦乃・お葉」が夢二に与えた影響を作品や資料等から紹介しています。

スポット情報

金沢湯涌夢二館

金沢湯涌夢二館は、大正ロマンを代表する抒情派の画家にして詩人である竹久夢二(たけひさ ゆめじ)を顕彰するために、平成12年4月16日に金沢市によって設立され、開館いたしました。 一階の展示室では、夢二の作品や遺品の展示のほか、「旅」「女性」「聖書」の視点から改めて問い直し、夢二をとりまく女性たち(特にたまき・彦乃・お葉)と金沢との関わりを中心に展示することで、より深い夢二の人間性を紹介しています。

ページの先頭へ